コロナ流行時に高熱を出した話

体験談

こんにちは!うみ子です!

本日は、コロナ流行時に高熱を出した話を書きたいと思います!

去年の10月に40度を超える熱が出て、1週間以上まともに動けませんでした。

ちゃんとPCR検査を受けて、陰性でしたよ(笑)

当時は本当に怖かったですし、いつ感染してもおかしくない状況なので、覚悟しました。

その時のことを書いていきますので、読んでいただけると嬉しいです!

体のだるさから発熱まで

体がだるく感じたのは仕事中です(当時はまだエステサロンで働いておらず、業種は伏せますが彼と同じ職場で働いていました)。頭では理解できてるけど、体が追い付かなくて動きが鈍く感じました。

当時は結構詰め詰めで仕事していたので、疲れが抜けてないのかな~くらいで思ってました。

その日はお昼から夜までのシフトだったのですが、夕方くらいから異常に寒気がしてきたんです。

なんだろう~と思いながら、持ってきていた服めちゃくちゃ着込みました。ここで不調に気付けばよかったのですが、久しく熱を出していなかったので、全く気づきませんでしたね。。。

その様子を見ていた上司(彼)が「なんか嫌な予感するから、今日は早く帰ってゆっくりしときな」と言ってくれたんですが、私には何でなのかピンとこず(笑)

まあでも、だるさ感じるからお言葉に甘えるか~と帰らせてもらったんですが、家に着いた瞬間急に動けなくなり、寒いのに体は熱くて意味わからなかったです。そこでやっと「熱か?」と気付きました。

体温を測ってみると、まさかの「38,3℃」の文字。衝撃すぎてはっきり覚えてます(笑)

「ああ、やっちゃった」と思いましたね。いろんな人と接触していたので。

とにかく全く動ける感じがしなかったので、毛布にくるまって休みました。

病院からPCR検査を受けるまで

発熱してからは、上がったり下がったりで、一番高くて「40,4℃」まで上がってしまいました。

症状はただただ高熱だけ。咳、のどの違和感、味覚・嗅覚異常なし。

熱だけでもほんとしんどくて、さっさ病院に行ければよかったのですが、1人じゃ起き上がれない状態でした。熱を出してから1日経って彼がちょうどお休みだったので、たくさん動いてくれました。

まず、病院に電話して予約してくれました。

到着してからまずしたのは、CT?撮りました。金具がついている下着は脱いでくださいと言われ、簡易的なカーテンの裏で着替えたんですが、終わって開けようとしたら「カーテンはこっちで開けるから触らないで!!」と怒鳴られました。

感染蔓延防止のためとは思うのですが、意識が茫然とする中でも少し悲しく思いました。

CTを撮って診察していただいたのですが「肺炎の症状はないです。症状が熱だけなのは何ででしょうね。。。」と言われました。私もわからないのよ。

とりあえずこのご時世なので、PCR検査受けましょうと。ここでは出来ないので、保健所にこちらで問い合わせますね。とすべてやってくれました。

PCR検査を受ける場所は、1,2時間で保健所の方(めちゃくちゃ優しそうな人)が手配してくれて、私は指定された場所に行くだけ。車で行ったので、ドライブスルー方式で鼻に長い綿棒突っ込まれて(めっちゃ痛かった)、割と早くに終わりました。

検査結果は受けてから1~2日後に保健所から電話でお知らせが来る流れでした。

病院から保健所、保健所からPCR検査の手配、保健所からの手配完了の連絡を受けるまで、すべて電話だけです。

検査結果が分かるまで

結果が来るまでは本当に時間が長く感じました。熱は下がらないし。

もし陽性だった時の事を、たくさん想像しちゃいましたね。

私とほとんど一緒にいてくれたのこと、体がだるいときから接触した人のこと。頭の中で謝罪しながら、電話を待っていました。

2日後のお昼ごろについに電話が!!

「うみ子さんの結果は、陰性でした!」

歓喜歓喜!!!!!!ほっとしました、、、本当に良かった、、、、

そこから安心できたからなのか、徐々に熱は下がっていきました♪

その後

結局ちゃんと熱が下がるまで、1週間はかかりました。

私は何故か下がった後も大変でした(笑)

まず、お腹壊しました。PCR検査を受けた病院で、とりあえずこれ飲んでくださいと漢方薬を処方されたのですが、それが合わなくて(笑)3日くらいはトイレに駆け込んでいました。

それが収まってきたら、今度は体中がかゆくなりました。そう、蕁麻疹です(笑)しかも発症したのが土曜の夜。日曜はほとんど病院やってない。かゆすぎて眠れませんでした(笑)

週明けに病院に行けて、薬でやっと落ち着きました。

次は何!?!?何が来る!?!?!?とビビっていましたが、やっと体調は回復へと向かっていけました(´;ω;`)ここまで2週間くらいです。。。(笑)

この時の事は、絶対に忘れられません。

あ、この期間に体力すべて持ってかれて、階段上るだけでもゼーゼーしちゃいました(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

時期が時期でしたので、本当に怖かったです。結果、知恵熱だったんですが(^-^;

すぐ異変に気付いてくれて、たくさん動いてくれた彼には本当に感謝です。

いつ感染してもおかしくない状況なので、少しでも早く自由が来るように、変わらず感染対策していきたいと思います!!

まずは自分の不調に気付けるように努力します。。。(^-^;

長くなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう♪

うみ子

コメント

タイトルとURLをコピーしました