無茶すぎる働き方〜もう二度としたくない!〜

体験談

こんにちは!うみ子です!

本日は、社会人になってから無茶すぎる働き方をしていた話をしたいと思います!

私は大学を中退してから、大学時代にやっていたバイト先で働かせてもらえることになり、アルバイトだけど社員扱いで一年半続けました。

その一年半は鬼のようにキツく、しんどい働き方をしていました。

当時19〜20歳くらいでしたが、精神的に負担が大きかったです。

でも仕方のないことなので続けていましたが、結局辞める最終日に高熱出しました(^_^;)

それがこちらの話に繋がるので、良かったら(笑)

当時はしんどかったし、もうやりたくないけど、若いうちにハードな働き方を経験できて良かったかなと思います。

法というルールに逆らってしまっている部分はあるかと思いますが、二度としたくない経験なので書かせていただきます。

よかったら読んでみてください♪

勤務時間

まず今まで伏せていましたが、私は飲食店で働いていました。

そこで彼とも出会っています(^^)

高校生の頃から飲食店でしかアルバイトをしたことがなかったので、社会人になってからも飲食店でずっと働くことには抵抗はありませんでした。

さて、この時に働いていた勤務時間ですが、1日10時間は普通でした(^_^;)

最初はキツかったですが、慣れてくるとあっという間に感じてきました。

商業施設に入っている店舗がいくつかあり、それぞれで営業時間が違ったのですが、一番長い店舗で10時〜22時までやっていました。

ちなみに私は3ヶ月ほどその店舗に行くことになり、しかも従業員も少なかったので、ほとんどその店舗で過ごしていました。

なので、ほぼ12時間労働とか普通でした(笑)

休憩

前にも書いたように、それぞれの店舗の従業員が少なかったです。

なので、休憩を取る時間もほぼありません(^_^;)

トイレ休憩の5分くらいでした。

今では疎遠の私の苦手な上司から「自分たちは社員の立場なんだから、自分たちの休憩なんか後で、他のアルバイトの子を優先に、絶対に休憩させて」と散々言われてきました。

私もアルバイトなんですけどね、、、社員のように扱われていました。

なので、休憩は無しが普通というのがあったので、この時はほとんど休めていませんでした。

ちなみに彼はもっと働いていました(^_^;)

勤務日数

勤務日数ですか?毎日です(笑)

休みなんて1ヶ月に一回か二回あるかないかでした。

なので、ほぼ毎日12時間働いていたことになります。

今考えたら、思い出しただけでぶっ倒れそうになります(^_^;)

当時はずいぶん体力あったなー(笑)

こんなことが続いたので、彼と初めてお出かけ行けたのも、付き合ってから半年以上経った後でした。

よく頑張ったな。

人間関係

人間関係ですが、「私 対 誰か」ではありません。「誰か 対 誰か」です。

“誰か”というのは従業員のことなんですが、まあまあ荒れ果てていました。

学生時代、いじめの対象になることが多かった私ですが、誰かとのトラブルに中間に入ることも多かったです!

トラブルだけでなく、恋愛とかも何故か中間に入ってました(笑)

だからなのかわからないですが、高校生の時に仲の良かった進路担当の先生に「お前秘書向いてるよ!」と勧められたことがあります(^_^;)

話を戻して、各店舗でごちゃごちゃがあったのですが、2店舗ほどは私が間に入って話を聞いたりしていました。

なので、家でもこの人間関係について上司でもある彼に報告することが多かったです。

彼とはお店で被ることは無かったので、家で話すしかないんですが、なんでこんなこと家で話さなきゃいけないんだろう?唯一リラックスできる時間なのになんで?と思うようになりました。

だからといって、放置することは絶対にしたく無かったので中間に入りまくっていましたが、疲れ果てていました(^_^;)

でもこのおかげで、年下の子達からはよく慕ってくれるようになったし、たくさん頼ってもくれました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

怒涛の一年半でした。彼とたまーに話しますが、もう嫌だねと拒否反応出てます(笑)

今はだいぶ落ち着いて、休みの日が多くなったのでよかったです。

慣れが一番怖いです。身体は大丈夫でも、心は限界超えてますから。

気づかないふりしていたら、熱出しますよ!!!知恵熱!!!

もう二度とこんな無理はしません(^_^;)

本日も読んでいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう♪

うみ子

コメント

タイトルとURLをコピーしました